【簡単節約レシピ1週間分】コスパの良い食材や人数別まとめ買いリスト

【簡単節約レシピ1週間分】コスパの良い食材や人数別まとめ買いリスト

給料日前や月末などの家計が苦しい週は、コスパ食材を活用した節約レシピで1週間分の献立を立てるのがおすすめです。あらかじめ決めておいた食材をまとめ買いすれば、食費はもちろん、買い物の頻度が減って時間も節約できます。コスパ食材を活用した1週間献立の例や、おいしい節約レシピ、家族の人数別のまとめ買いリストを紹介します。

節約レシピで1週間乗り切るコツ

食材をまとめ買いする家族
急な出費や給料日前などの家計が苦しい1週間は、1週間の献立を決めて、コスパの良い食材を購入することで、無駄な買い物も減らせます。

コツ①コスパの良い食材を活用

食費節約の味方、コスパの良い食材をまとめ買いして活用しましょう。コスパが良い食材は通年価格が安定しているだけではなく、料理にボリュームを出せて、使い回しが効くものが多くあります。肉は大きめのパックを買って小分けにして冷凍すると、冷蔵よりも長く保存できます。
<コスパの良い食材>
野菜:モヤシ、キノコ類、豆苗        
大豆製品:豆腐、納豆        
肉:鶏むね肉、豚こま肉、豚ひき肉
コスパの良い食材を長持ちさせるコツについては、こちらの記事で紹介しています。

コツ②献立を決めてまとめ買い

あらかじめ1週間のメニューを決めて食材をまとめ買いするのも、節約のコツです。先に決めておくことで毎日献立を考える必要もなくなり、晩ご飯作りもスムーズになります。買うものを決めて行くことで、無駄なものを買わずに済むのもメリットです。
すぐに使わない食材は、1回分に分けて冷凍しておくと長持ちします。時間のある時にきんぴらやおひたし・ナムルなどの常備薬を作り、小分けにし冷凍保存しておくのもおすすめです。
1週間献立の食材をまとめ買いするコツについては、こちらで詳しく紹介しています。

節約レシピで作る1週間献立と人数別買い物リスト

食材に囲まれたノートとペン
コスパの良い食材をチェックしたら、1週間の献立を作ってみましょう。ここでは、節約レシピで作る1週間献立を提案します。1週間に必要な食材だけを買うようにすると、無駄が減るため節約につながります。

コスパの良い食材を使った1週間献立

<1週間献立>
月曜日:サバの塩焼き、茶碗蒸し
火曜日:モヤシと豆苗と豚肉のオイスター炒め、厚揚げと小松菜の味噌汁
水曜日:鶏むね肉の生姜焼き、キャベツとニンジンのおひたし
木曜日:鶏ひき肉と小松菜の辛くない麻婆豆腐風、玉ネギと卵の中華スープ
金曜日:豚肉とキャベツのパスタ、豆苗とカニカマのマヨポン和え
土曜日:厚揚げ親子丼、小松菜のおひたし
日曜日:キャベツお好み焼き、モヤシのナムル

【人数別】1週間献立買い物リスト

上記の献立を元に作ったまとめ買い食材リストは下記のとおりです。
【1週間分のまとめ買い食材リスト】
2人分 4人分 6人分
豚バラ薄切り肉 400g 800g 1,200g
鶏むね肉 200g 400g 600g
鶏ひき肉 200g 400g 600g
サバ(切り身) 2切れ 4切れ 6切れ
8個 16個 24個
モヤシ 1袋 2袋 3袋
豆苗 1袋  2袋 3袋
小松菜 1束  2束 3束
キャベツ 1/2玉 1玉 1と1/2玉
ニンジン 1/2本 1本 1と1/2本
玉ネギ 1個 2個 3個
厚揚げ 3個 6個 9個
カニカマ 3本 6本 9本
<ポイント>
・傷みやすいサバは月曜日に使う
・鶏むね肉は3cm角に切って冷凍する
・鶏ひき肉はラップに包んで冷凍する

おすすめ節約レシピ【メイン】

上記で紹介した1週間献立の中から、おすすめの節約レシピをメイン、副菜、汁物に分けて 2つずつ紹介します。

1. 鶏ひき肉と小松菜の辛くない麻婆豆腐風

皿に盛られた麻婆豆腐
鶏ひき肉を使うことで、ヘルシーと節約の両方が叶うレシピです。辛くなく、子どもも食べやすい味に仕上がります。
<材料: 2人分>
・鶏ひき肉 200g
・絹ごし豆腐 1/2丁
・小松菜 1/2束
・片栗粉、水 大さじ1
・ゴマ油 大さじ1
[合わせ調味料]
・水 50cc
・めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ3
・味噌 大さじ1/2
・砂糖 大さじ1
<作り方>
1.  小松菜を2cm幅に、豆腐を3cm角に切る
2.  [合わせ調味料]をすべて混ぜ合わせる
3.  片栗粉を水で溶いておく
4.  フライパンにゴマ油を敷き、温まったら鶏ひき肉を炒める
5.  小松菜を加え、しんなりしたら水溶き片栗粉を加えながらとろみをつける
6.  煮立ったら器に盛る

2. 鶏むね肉で作る生姜焼き

鶏肉で作った生姜焼き
鶏むね肉の生姜焼きは、しっとりとした食感を楽しめます。タンパク質も豊富なため、育ち盛りの子どもがいる家庭にもおすすめです。
<材料: 2人分>
・鶏むね肉 200g
・玉ネギ 1/2個
・酒 大さじ1
・片栗粉 大さじ2
・サラダ油 大さじ1/2
[調味料]
・酒、みりん、しょうゆ 各大さじ1
・砂糖 小さじ1
・おろし生姜 小さじ1
<作り方>
1. 鶏むね肉を1cmの薄切りにし、酒、片栗粉をふって揉み込む
2. ボウルに[調味料]をすべて入れて混ぜ合わせる
3. フライパンに油を敷き、鶏むね肉を焼き色がつくまで中火で焼く
4. 火が通ったら一度取り出し、玉ネギを入れて中火で炒める
5. 玉ネギがしんなりしたら、一度取り出した鶏むね肉と調味料を加えて炒める
6. 全体に味がなじんだら、火から下ろして器に盛りつける

おすすめ節約レシピ【サブおかず】

サブおかずのレパートリーを増やしておくと、献立が物足りない時に追加できてとても便利です。ここでは、おいしい節約レシピ「モヤシのナムル」と「豆苗とカニカマのサラダ」を紹介します。

1. モヤシのナムル

モヤシのナムル
傷みやすいモヤシはナムルで使い切りましょう。簡単に1品増やせる万能レシピです。
<材料: 2人分>
・モヤシ 1/2袋
[調味料]
・鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ1/2
・いりゴマ 大さじ1/2
・ニンニク(チューブ) 小さじ1
・ゴマ油 小さじ1
<作り方>
1. モヤシをさっと水洗いする
2. 耐熱ボウルに水気を切ったモヤシを入れ、ラップをかけて600Wの電子レンジで2分ほど加熱する
3. ラップを外して粗熱をとる
4. ペーパータオルを使って水気を切り、[調味料]をすべて入れて混ぜ合わせる
ナムル以外のモヤシのおかずはこちらの記事で紹介しています。

2. 豆苗とカニカマのマヨポン和え

豆苗とカニカマのサラダ
マヨポン味で野菜をたくさん食べられるレシピです。
<材料: 2人分>
・豆苗 1/2袋
・カニカマ 3本
・マヨネーズ 大さじ2
・ポン酢しょうゆ 小さじ1
・和風だし 小さじ1/2
<作り方>
1. 豆苗は根本を切り落とし、半分の長さに切る
2. 耐熱ボウルに切った豆苗を入れてラップをし、600Wの電子レンジで 2分加熱する
3. 豆苗の粗熱をとっている間にカニカマを手でほぐす
4.2、3とマヨネーズ、ポン酢しょうゆ、和風だしを入れてよく混ぜ合わせる

おすすめ節約レシピ【汁物】

汁物のレパートリーもいくつか持っておくと、いろいろな献立に応用ができるでしょう。ここでは、コスパの良い食材を活用した「味噌汁」と「中華スープ」のレシピを紹介します。

1. 厚揚げと小松菜の味噌汁

厚揚げと小松菜の味噌汁
厚揚げを使うと、食べ応えのある味噌汁になります。
<材料: 2人分>
・厚揚げ 1個
・小松菜 1/4束
・サラダ油 小さじ1
・水 400cc
・和風だし 小さじ1
・合わせ味噌 大さじ2
<作り方>
1. 厚揚げはキッチンペーパーで油を拭き取り、横半分に切った後、1cm幅に切る
2. 小松菜は根元を切り、茎も葉も4cmの長さに切る
3. 鍋に水、和風だしを入れ、煮立ったら厚揚げと小松菜を加え、3〜4分ほど中火で煮る
4. 一旦火を止めて合わせ味噌を溶き入れ、再度中火で温める

2. 玉ネギと卵の中華スープ

卵の中華スープ
卵と玉ネギでさっと作れる中華スープです。
<材料: 2人分>
・溶き卵 1個
・玉ネギ 1/2個
[調味料]
・鶏ガラスープの素 小さじ1/2
・塩 小さじ1/3
・コショウ 少々
・ゴマ油 大さじ1/2
・水 400cc
・片栗粉、水 各大さじ1
<作り方>
1. 玉ネギを薄切りにする
2. 鍋に水と玉ネギを入れ、やわらかくなるまで煮る
3. 弱火にし、鶏ガラスープの素を溶かす
4. 水溶き片栗粉を回し入れる
5. とろみがついたら火を止め、溶き卵を回しかける
6. 一混ぜしてほどよく固まるまで待つ

節約レシピで1週間献立・買い物リストを作ってみよう

献立を考える人の手元
食費節約のコツは、コスパの良い食材を活用した1週間分の献立を作り、まとめ買いすることです。献立に沿った買い物リストを作っておけば、無駄なものを買わずに済みます。コスパの良い食材を使った1週間献立を参考にし、節約レシピのレパートリーを増やしてみてはいかがでしょうか。
近くのスーパーのチラシをShufoo!(シュフー)で見比べて、お買い得商品をチェックしましょう。
その他の節約レシピは、シュフーチラシアプリのレシピ検索で「節約」と入れて調べてみてください。

この記事に関連するワード

Shufoo!プラス編集部
Shufoo! お買い物のお得がたくさん