【2022年厄年一覧】本厄・前厄・後厄の違いや過ごし方、厄払い方法も解説

【2022年厄年一覧】本厄・前厄・後厄の違いや過ごし方、厄払い方法も解説

厄年は平安時代に広まったと考えられている歴史の長い風習です。特に本厄にあたる年齢は人生の転機を迎えることが多い時期なので、環境や体調の変化に気を付けようという昔の人の教訓が込められていると言われています。厄災が多く降りかかるとされる厄年に科学的な根拠はありませんが、気になってしまう人も多いのでは。今回は、厄年にとらわれず1年を有意義に過ごすために、本厄の概要と年齢、おすすめの過ごし方や厄払いの方法を解説します。

厄年とはどんな年? 本厄・前厄・後厄の違い

本厄を気にする人
厄年とは、体調や環境に災いが起こりやすいとされている年のこと。厄年には何が起こるのか、併せて本厄・前厄・後厄との違いについて解説します。

厄年は災いが起こりやすいと言われる

「厄」には災いや災難という意味があり、厄年とは体調や環境に災いが起こりやすいと言われる年のことです。結婚や引っ越しなどは、出来るだけ避けたほうが良い行動として挙げられることがあります。
実際に、厄年にあたる年齢には仕事や家庭で大きな変化が起こりやすく、体にも疲れが出やすい傾向にあります。そのため厄年は「普段より用心すべき年」という昔の人の知恵とも考えられています。生涯のうちに本厄は何度か訪れますが、そのうち最も大きな厄年を「大厄」と呼び、数え年で男性は42歳、女性は33歳の年にあたります。

本厄を中心とする3年間を厄年と呼ぶ

厄年とは本厄を中心にその前年の前厄、翌年の後厄を含めた3年間を指します。単に本厄のことを厄年と言う場合もあります。
前厄は厄の前入りの年であることから「厄入り」とも呼ばれ、変化の兆しが現れやすい年。本厄は最も厄が表れるとされる年です。後厄は厄が薄れていくとされる年で「厄晴れ」とも呼ばれます。

男女で違う!本厄の年齢と見方

数字のブロック
本厄の年齢は男女で異なります。それぞれの本厄の年齢と、厄年の年齢の見方を紹介します。

本厄は女性に4回、男性に3回訪れる

本厄は女性に4回、男性に3回訪れます。以下がそれぞれの厄年(太字は大厄)の年齢です。
・女性→19歳・33歳・37歳・61歳
・男性→25歳・42歳・61歳​
なお2022年に本厄を迎える人は、女性では2004年、1990年、1986年、1962年生まれ、男性では1998年、1981年、1962年生まれの人です。

本厄の年齢は数え年でみる

本厄の年齢は、現在の年齢ではなく、数え年でみます。通常使われている満年齢とは、生まれた年を0歳とし、誕生日を迎えるごとに1歳年をとるとする数え方です。一方、数え年は生まれた日を1歳とし、元旦を迎えるごとに1歳足していきます。そのため本厄をみる場合は、満年齢+1歳と考えると良いでしょう。ただし、早生まれの人が誕生日前にみる場合は、満年齢+2歳になるので注意が必要です。

【男女別】2022年の厄年早見表

日の出の絵が入った絵馬
ここでは、本厄・前厄・後厄の年齢を、男女別にわかりやすく一覧で紹介します。年齢は数え年、括弧内は2022年においての生まれ年と干支を表しています。
<女性の厄年早見表>(は大厄)
前厄 本厄 後厄
18歳(2005年/とり) 19歳(2004年/さる) 20歳(2003年/ひつじ)
32歳(1991年/ひつじ) 33歳※(1990年/うま) 34歳(1989年/へび)
36歳(1987年/うさぎ) 37歳(1986年/とら) 38歳(1985年/うし)
60歳(1963年/うさぎ) 61歳(1962年/とら) 62歳(1961年/うし)
<男性の厄年早見表>(※は大厄)
前厄 本厄 後厄
24歳(1999年/うさぎ) 25歳(1998年/とら) 26歳(1997年/うし)
41歳(1982年/いぬ) 42歳※(1981年/とり) 43歳(1980年/さる)
60歳(1963年/うさぎ) 61歳(1962年/とら) 62歳(1961年/うし)

本厄の過ごし方

笑顔でストレッチする女性
本厄には出来るだけ避けたほうが良いと言われる行動もありますが、意識しすぎずに過ごしたほうが良い結果につながることも。ここでは、本厄のおすすめの過ごし方を紹介します。

本厄にとらわれすぎない

本厄では、結婚や引っ越し・転職など、人生の転機になるような行動は出来るだけ避けたほうが良いと言われることがあります。しかし、意識しすぎてやりたいことを諦めると、後悔してしまう可能性も考えられます。本厄にとらわれすぎず、自分がベストだと思ったタイミングで行動するのがおすすめです。

健康に気を付ける

本厄にあたる年は、体の変化や体調面での不安を感じやすいと言われます。体に負担をかけないように心がけることが大切です。また環境の変化によるストレスで気分が沈みがちになることもあるかもしれません。日頃からバランスのとれた食事や、適度な運動を意識し、休日は趣味を楽しむなど、心身ともにリフレッシュできることを取り入れていきましょう。

何でも本厄のせいにしない

悪いことが起こると、「本厄だから」とネガティブ思考に陥ってしまうことも。しかし本厄は災いばかり起こる年ではなく、人生の変化が起こりやすい時期と考え、しっかりと変化を受け入れていくことが大事です。落ち込んでばかりいず適切に対処すれば、反対に人生が好転するきっかけにもなり得ます。
また本厄を気にしすぎて不安が大きくなり、日々の生活でも心が落ち着かなくなってしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことがあるかもしれません。不安を感じたら、まずは気分転換を心がけると良いでしょう。

本厄が不安なら、厄払いで心を落ち着けて

神社でお守りを持つ人の手
神社で厄払いを受けることで、本厄への不安が和らぐかもしれません。最後に、一般的な厄払いの方法と神社でのマナー、似た言葉である厄除けや厄落としとの違いを紹介します。

厄払いとは

厄払い(厄祓い)とは、邪気を振り払うために神社で祈願祈祷を受けることを言います。もともと旧暦では現在の節分(2月3日)が大晦日にあたり、年が明けるまでに厄を払うという意味で、元旦から節分までに済ませるのが良いとされてきました。しかし現在では特に日は定められておらず、一年中祈祷を受け付けています。

厄払いの受け方

祈祷を行っている神社なら、どこで受けても構いません。迷った場合は、厄払いのご利益があると言われる神社や、転職・引っ越しなどを控えているなら方位除けの祈祷を選ぶと良いでしょう。もし本人が行くのが難しい場合は、代理での祈祷を受け付けている神社もあります。
基本的に予約は必要ありませんが、正月から節分にかけてなど、大きな祭りが開催される日は受け入れ人数を制限していることがあるので、事前に電話やネットで確認しておくと安心です。
当日は、神社の御祈祷受付所に行き、受付用紙に記入して順番を待ちます。祈祷料は3,000円〜10,000円ほどで 、もし「お気持ちで」と言われたら5,000円ほどを渡すのが相場です。

厄払いでの注意点

服装は普段着で大丈夫ですが、露出を控えて清潔感のある身だしなみを心がけましょう。なお靴を脱いで社殿に上がることが多いので、靴下やストッキングを着用します。
祈祷を受けてその年を無事に過ごせたら、感謝を伝えるためにお礼参りに行くのがおすすめです。

厄除け・厄落としと厄払いの違い

厄払いと似た言葉に、「厄除け」や「厄落とし」があります。ここでは、それぞれの意味を解説します。
厄除けとは、主に寺院で祈祷を受けること。災厄から身を守り、邪気が寄り付かないよう予防する意味合いで行います。祈祷の受け方は、基本的には神社での祈祷と同じ手順です。
厄落としは、厄を祓い落とすために、自ら困難な状況を作ってこれ以上災いが起こらないようにとする風習のことを言います。昔は、普段大切にしているものや身に着けているものに厄を移し、わざと落としたり捨てたりしていました。現在では、寺院や神社で祈祷を受けて厄を落とすのが一般的です。

本厄は自分自身を見つめ直すチャンスの年

笑顔で前を見つめる女性
本厄は災いが降りかかる年ではなく、いつも以上に身の回りに気を配りたい年ということです。何かが起きたとしても、そのことばかりにとらわれず、自分の体や心に向き合うことで福を呼び込むきっかけになるかもしれません。自分を見つめ直す機会ととらえて、前向きな気持ちで過ごしましょう。

この記事に関連するワード

Shufoo!プラス編集部
Shufoo! お買い物のお得がたくさん