増税に負けない!!お得をつかむ買い物テクニック

2014年4月1日から、消費税が5%から8%に引き上げられます。これにより、4月以降は家計へのいっそうの負担増加が懸念されます。

そこで、増税前の今だからこそ知っておきたいもっともお得に買い物するためのコツを、節約アドバイザーの丸山晴美さんにお聞きしました。

増税前の買い物のベストタイミングは?

全体としていうなら、2月の買い物が◎。小売業界(スーパーやデパートなど)の決算期の多くは、2、3月。決算期は、現金が帳簿上にどれだけあるかが重視されるため、在庫を売り切り、現金を確保しようとセールが行われます。そのうえ2月は、消費が落ち込む時期なので、小売業者はできるだけ在庫を減らし、現金を増やそうします。ですから、値段がぐんと安くなりやすい2月がオススメなのです。

増税前の買い物で得するコツは?

お得な買い物をするための最大のポイントは、必要な物を使う分だけ買うということ。
買い物に行くと、安さにつられて余計なものまで買ってしまうことも多いので、会計前には一度冷静になって判断することが大切です。事前にストック棚やクローゼットの中、電化製品の状態を確認しておけば、買うときの判断材料にもなります。
また、絶対買いたいという物がある人は、今すぐリサーチだけでも始めてください。商品選びや手続きに意外と時間がかかったり、欲しいものが品切れしていたりして結局3月中に買えなかったということもありますから、早めの行動が肝心です。

買いどきがわかる!買い物カレンダー

買いどきがわかる!買い物カレンダー
日用品・生活用品・冷凍食品・保存食品
日用品や食品などは、普段からよく使っている物を買うのが◎。使用期限や消費期限といった期限がある物は、期間内に使える量だけ買いましょう。日々値段が変動しやすいこれらの物は、増税後に全くセールをしないということは少ないはず。期限内に使える量だけ買えば、必要な物をお得に買えますし、無駄にすることもありません。
なお、小さなお子さんがいる場合は、これから使う物を買うのがオススメです。例えば、赤ちゃんがいるなら、ワンサイズ上のオムツを購入するようにすれば、買ったけど子どもの成長が早くて使えなくなったということがなくなります。
家庭用電化製品
家電は、2月の購入がオススメ。2月は決算前にあたることが多く、寒さで消費も落ち込む時期なので、値段交渉がしやすくなるからです。
とくに、価格設定が高めの海外メーカーの掃除機や扇風機は、あまり値下げもされないので、増税前の購入がお得といえるでしょう。
また、家電を買う予定はあるけれど商品や機能にとくにこだわりがないという人は、型落ち商品を選ぶようにすれば、より安い価格で手に入れられるはずです。
洋服
洋服を買うなら1月末から2月頃が◎。冬物から春物の商品に変わり、冬物一掃セールが始まる時期だからです。
また、せっかく買うなら、少し高くてもよいものをと考えている人は、冬の定番商品であるコート、安売りされることが少ない礼服や喪服(ブラックフォーマル)などを買うのがオススメ。質がよい定番物を選べば、長い間着ることができますし、買っても損をすることが少ないでしょう。
バッグ・宝石・時計など
海外ブランドの物なら、増税前に買うのがお得!海外ブランドの物はもともとあまり安売りされることがありません。そのうえ今は円安なので、これから値上がりする可能性があるからです。ですから、購入予定がある人はぜひ3月までに買っておきましょう。
監修 丸山晴美
節約アドバイザー。2001年にファイナンシャルプランナー、2009年に消費生活アドバイザーの資格を取得。主婦の目線で楽しくケチではない節約を提案している。著書に『ちゃっかりしっかり節約術』(マガジンハウス)など多数。
ブログ:http://www.maruyama-harumi.com/

Myエリアのスーパーのチラシ♪

Myエリアの家電店のチラシ♪

Myエリアのファッションのチラシ♪

Myエリアのドラッグストアのチラシ♪

Myエリアのショッピングセンター・百貨店のチラシ♪

Shufoo!ユーザーの声 「教えて!あなたの増税対策」 ※Shufoo!調べ(2013.12)

Q1.消費税増税を前に、購入したい・購入しようと思っているものがあれば、教えてください。

  • 1位 日用品・生活用品
  • 2位 とくになし
  • 3位 冷蔵庫・洗濯機・キッチン家電
  • 4位 パソコン周辺機器
  • 5位 冷凍食品・保存食品
  • 6位 家具・インテリア
  • 7位 テレビ・オーディオ
  • 8位 車
  • 9位 住宅関連(家・不動産・リフォーム)
  • 10位 エアコン・冷暖房機・空気清浄機
  • 11位 洋服・バック類
  • 12位 掃除機
  • 13位 旅行・レジャー
  • 14位 携帯電話
  • 15位 外食
  • 16位 宝石・時計・アクセサリー
  • 17位 その他
  • 18位 健康器具・美容家電

トップは「日用品・生活用品」。日常よく使うものだからこそ、これらへの節約意識はかなり高いようです。また、2位は「とくになし」、3位は「冷蔵庫・洗濯機・キッチン家電」、そしてぜいたく品の順位が低いという結果から、本当に必要なものを安く手に入れたいと考えている人が多いという印象を受けました。

Q2.消費税増税を機に行いたいと思っていることがあれば、教えてください。

  • 1位 外食費を減らす
  • 2位 通信費や光熱費を見直す
  • 3位 食費を抑える
  • 4位 服飾費を減らす
  • 5位 パートやアルバイトなどの仕事を始める・増やす
  • 6位 旅行やレジャーを控える
  • 7位 とくに行う予定はない
  • 8位 保険を見直す
  • 9位 お小遣いを減らす
  • 10位 その他

もっとも多かったのは「外食費を減らす」という回答。続いて「通信費や光熱費を見直す」「食費を抑える」という意見が多かったことから、みなさんぜいたくや無駄を減らすことで、消費税増税を乗り切ろうと考えているようです。

Q3.消費税増税対策を行う予定の方は、いつから始めようと思っていますか。

  • 1位 1月までには始める予定
  • 2位 まだ決めていない
  • 3位 3月から始める予定
  • 4位 2月から始める予定
  • 5位 行う予定がない
  • 6位 4月以降に行う予定

(※2013年12月にアンケート実施)

40%の人が「1月までには始める予定」と回答。全体としては、半数の人が3月ぎりぎりからではなく、早めに行動しようと考えているようです。一方、決めていないという人の中には、「今はまだ決めていないが、3月になったら意識しだすと思う」という声が多く寄せられました。

特集テーマ一覧

増税対策のチラシ♪