<Shufoo!主婦の実態レポートVol.4 電子チラシサービス『Shufoo!』、バレンタインの意識調査>
~本命チョコよりも家族チョコや自分へのごほうびチョコ!告白よりも身近な人へ日頃の感謝や愛情を伝える日へと変化~

2018年2月7日

凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾)が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」(※1)は、一般的な全国の男女781名および「Shufoo!」を利用する全国の男女63,104名を対象に、バレンタインに関する意識調査を実施しました。

2018年のバレンタインに関する意識調査

本命チョコよりも家族チョコや自分へのごほうびチョコを贈る人が増え告白よりも身近な人へ感謝や愛情を伝えるイベントに。男性も若い世代ほど参加する傾向で、女性のためだけのイベントから変化。情報収集と検討の期間をしっかりとった堅実な側面も。

本命チョコよりも家族チョコと自分へのごほうびチョコ。しかも義理チョコや友チョコより高価。

  • 今年のバレンタインに本命チョコを贈る予定の人が29.3%に対して、自分へのごほうびチョコが35.7%、家族チョコが72.5%と、告白よりも身近な人に日頃の感謝や愛情を伝えるイベントになってきています。
  • 予算についてみると、500円以上と答える人は義理チョコで65.2%、友チョコで66.2%に対して、家族チョコで86.3%、自分へのごほうびチョコで87.1%。1000円以上と答える人が義理チョコで24.3%、友チョコで26.9%なのに対して、家族チョコで46.7%、自分へのごほうびチョコで56.2%と、家族チョコや自分へのごほうびチョコの予算が義理チョコ、友チョコを上回っています。親しい人を大切にする風潮が表れています。

男性も若い世代ほど参加する傾向。女性主体のイベントからの変化。

  • 男性のうち約10%がバレンタインにチョコレートなどをプレゼントする予定と答えました。中でも20代が最もその割合が高く、約15%の人がプレゼントを行い、イベントなどを行うことも含めると約20%の人がバレンタインに特別な行動を起こすことがわかりました。男性も若い人を中心に参加するようになってきている様子が見られます。

プレゼントはコストパフォーマンスを重視。検討は2週間以上前から。堅実な風潮がうかがえます。

  • 重視するポイントとしては、“話題性”や“ブランド”より、コストパフォーマンスが高ポイントを得る結果に。事前の検討を17日以上前に始めている人が約40%。インターネット・店頭販売員経由の情報取得が多く、自身でコストパフォーマンスを検証している様子が多く見られました。

ホワイトデーのお返しは、不要・もらえればいい、が40%以上。

  • お返しの期待については、「お返し不要」か「もらえればいい」と答えた人が40%以上、「自分のギフトと同じくらい」でいいという人を加えると80%以上になります。おおきく見返りを期待するものではないことが分かります。

バレンタインのプレゼントとして、家族チョコに次いで自分へのごほうびチョコが多い結果に。
予算についても、家族チョコ、自分へのごほうびチョコの予算が義理チョコ、友チョコよりも高く、友人より親しい人を大切にする風潮が見られた。

重視するポイントとしては、おいしさ、見た目、価格が高ポイントであり、ブランドや話題性よりもコストパフォーマンスを重視している様子がみられる。
さらに、事前の検討を17日前には始めている人が約40%いて、インターネットの電子チラシをはじめ様々な情報を取得して検討しており、ここでも堅実な様子が表れている。

お返しの期待については、どのチョコでも、「お返し不要」「もらえればいい」を合わせると40%以上、さらに「自分と同じくらい」を加えると80%を超えており、おおきな見返りを期待するものではないことが分かる。

好きな人に告白する日よりも、身近な人へ日頃の愛情や感謝を伝える、もしくはチョコレートやお菓子を楽しむという声が多く、より堅実なイベントとしてとらえられている傾向がみられる。

【調査概要】

● 一般調査
調査エリア:全国
調査対象者:20歳から59歳までの男女
サンプル数:781
調査期間:2018年1月17日~1月18日
調査方法:インターネットリサーチ

● Shufoo!利用者調査
調査エリア:全国
調査対象者:「シュフーポイント」会員(10代から60代までの女性)
サンプル数:63,104
調査期間:2018年1月17日~1月19日
調査方法:インターネットリサーチ

  • *本ニュースリリースに含まれる調査結果をご掲載頂く際は、必ず「凸版印刷株式会社 『Shufoo!』 調べ」と明記下さい。

※1)「Shufoo!」について
凸版印刷が2001年8月より運営を開始し、20-40代の女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス。大手流通各社、地域主力スーパーなど約3,600法人、約110,000店舗が参加。PV数は月間3.7億PV、ユニークユーザー数は月間1040万(2017年12月現在)となっています。チラシの閲覧回数や閲覧部分のデータを収集・分析するマーケティング機能も備えています。また、生活者は、PCに加え、携帯電話やデジタルテレビ、拡大するスマートフォンやタブレット端末など様々なデバイスから日本全国の電子チラシを閲覧することができます。

  • *本ニュースリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
  • *ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。